#サーバルキャット #サーバルキャットブリーダー #サーバルキャット販売 #F1サバンナキャット #F1サバンナキャットブリーダー #F1サバンナキャット販売 #サバンナキャット #サバンナキャットブリーダー #サバンナキャット販売 #エジプシャンマウ #エジプシャンマウブリーダー #エジプシャンマウ販売 #Serval #Servalcat #F1Savannah #Savannah #Egyptianmau #Egyptian Mau #キャッテリードラゴン #Cattery Dragon #Catt

Wild Cat  (野生猫) 

人に懐かず、凶暴性が強いと言われていましたが、ここ数年でかなり見解が変わってきています。

近年アメリカでは、野生の猫種は、人工種よりも人に懐くと言われています。

 

それは、何故か?

彼らは野生を生き抜く為に、様々な知恵、環境に適応する能力を身に付けjました。彼らは、5000年前から古代エジプト民族に猟犬の代わりとして飼われた記録が残っています。狩猟用に飼われると言う事は、飼い慣らす以上に大変な事。しかも、それを5000年前に実現している・・・

それは、とても飼いやすいのでは? と言う事に至ったのです。

 

日本では、その風貌から「怖い・凶暴」と言うイメージしてしまう方も多い様ですが、サーバルは、「犬の様に従順で賢く」・「猫の様にしなやかな」、とても利口で甘え上手な種です。

人間の感情を強く読みとり、言葉も理解します。ある程度の月齢に達すると「お座り」や「持って来い」等を進んでする様になります( 躾方法・飼育方法にもよる ) 。

タンザニアの繁殖場は、母猫任せで育てる為に、なかなか人に懐かなく、警戒心が強い個体が多いと言われています。当方が輸入したサーバル(USA)は、生後1週間程で親から離し、人間が育てあげた個体なので、人を信頼し、共存する事が出来ます。サーバルと暮らしていると、普通の純血猫に戸惑いを感じる事さえもあります(普通の純血猫において、個々に素晴らしい部分も有りますので、決して、格差を付けての物言いでは有りません)。

「美しさ、可愛らしさ、賢さ」で、優にサーバルはそれを超えているのです。

 この様な素晴らしい種を絶滅に危惧種にしていいのだろうか?

 人間の自然破壊や都市開発で、追い遣られて激減している種であるからこそ、後世に残す為、人間と共に生きる道が有って良いのではないか? 

 

ここ数年、サバンナキャットについて色々な売り込みの文章が存在しますが、全てに置いてサーバルの本質を知らずに根本から逸脱する結果になりかね無い事に気付きました。

何故なら、大自然が育み数万年かけて進化を遂げた究極と言っても過言ではない種を、人間の価値観で姿形を決めつけ、その枠にはめ込もうとしても結果は見えているとしか言い様が無いからであります。

人間が自然と戦ったとしても、勝てる見込みが無いと等しいと言えるでしょう。 

 

「オリジナルに勝るものは、なし」! 改めて思いました

「サバンナのトップモデル」まさに、そう、自然が創りだした美ですね。

 

※ サバンナのスタンダードは、「サーバルキャット」だと言う事を念頭におき、サバンナを迎え入れる時の参考にして下さい。そうすれば、必然的とタイプの見極めが付いてくると思います。


当店は、茨城県龍ケ崎市を拠点にサーバルキャット、F1Aサバンナ、F8Aサバンナ、エジプシャンマウを飼育・販売する専門ブリーダーです。
当店のサーバルキャットは、人に懐き、主人とする人間には従順で飼育しやすい性格です。
完全室内飼育で人にとても馴れたHi Qualityなサーバルキャット、F1Aサバンナ、F8Aサバンナ、エジプシャンマウを家族の一員に迎えませんか!!